ストレスと精神状態の管理について

鬱になる前に手を打ちましょう

強いストレスに晒されて長期間過した方は、心因性の鬱になりがちです。今や鬱は普通の病気となってきました。医師によって鬱と診断された場合は、適切な治療を受ける必要があります。

強すぎるストレス環境にいる場合は、環境の改善や転職だけでなく、長期の療養も必要かも知れません。また、薬物による治療は必須となるでしょう。

鬱まで行っていない状態の人は、ストレスを上手に管理することで鬱を避けて、健康状態で生活することも出来ます。多くの人は大体2つのタイプに分かれるでしょう。1つはストレスを意識せずに先に身体症状として表れる方、もう一つは先に心理的な症状として自覚するタイプです。

体に表れる場合、医師に「身体的な問題はない」と言われると「疲れかな」などと流してしまうことが多いようですが、注意深く観察が必要です。当社では臨床心理士がお手伝い出来るようになっていますので、ぜひ相談してみて下さい。ご自身が思うよりもずっと深刻な状態かも知れません。

また、心理的な症状として先に自覚される方は辛いでしょうが、ある意味、幸運です。この時点で手を打てば深刻な事態は避けられるからです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る